[image]投資で失敗しない7つの法則:無料CDプレゼント

葛飾北斎の焼酎での長寿逸話

私の、友人で島根県の小京都で有名な
津和野の薬局を開いている方からの話です。
この薬局は、あの文豪、森鴎外ともつながりのある、
歴史ある薬局のご主人です。


そこの薬局の近くに、葛飾北斎美術館があり、
そこの館長である、葛飾北斎研究家で有名な、
永田生慈氏から聞いて話だそうです。

実は、葛飾北斎は
自分で長寿薬を作って飲んでいたというものです。

そのおかげで、
江戸時代では考えられないくらいの長寿、
90歳まで生きたのではというものです。

その長寿薬の調合のしかたが、
ちゃんと記録に残っております。

これは晩年に日課として
描いた獅子の図219枚を「日新除魔」と題して、
信州松代藩士の宮本慎助に与えた折、
末尾に調合を記していうものです。


原文をご紹介します。


龍眼肉皮ヲ去り  目方拾六匁
太白ノ砂糖    八匁
極上々焼酎    壹升

壷へ入レ能々封シ日数六十日
置キて朝夕 猪口ニ而ニツ宛
御用ヒ

右者長寿之薬に而候此故に
八十八歳之只今を無病に而罷有候

        画狂老人卍㊞ 
        齢八十八歳




この材料のうち、龍眼は中国南部の原産で、
その実を龍眼肉といい、中国料理のデザートとして
今もよく用いられています。

この長寿の薬は、中国医書を学んで、
自ら飲用したものと考えられるそうです。
ここに、私の大好きな焼酎があり驚きです。

焼酎には脳血栓を防ぐ、
血液サラサラ効果がありますので、
龍眼肉の効能と合わさって良かったのかもしれません。

このように、葛飾北斎は長寿薬と信じて、
毎日、適量を飲んで長生きしたそうです。

葛飾北斎は60歳代で脳卒中を一度起こしており、
何とかしなければと調べ考え出したのかもしれません。
恐ろしい生への執念ですね。
posted by スーパーシニア左中 at 18:56 | Comment(1) | 焼酎と水

おいしい水のお話

私の住んでいる宮崎は、
一年を通して晴れの日が多く、
大変温暖で住みやすいところです。

水も焼酎も食べ物も美味しく、
生活するには良いところと思います。


だから、定年退職して、
セカンドライフを宮崎でと
思われるかたも多いようです。

最近では、
日本一の規模の照葉樹林がある綾町には、
現在、多くのセカンドライフを楽しまれる方が、
全国から集まってきて住まれているようです。


この綾は、自然、気候、食べ物、
そして、今日の話題の「水」がおいしいところで、
納得いきますね。


さて、この綾の水とは、「綾の湧水群」といわれ、
照葉樹林により、じっくりと長い時間をかけて、
蓄えられた水が、川となり、
地下水となって流れています。


綾町に行くと、
酒泉の杜というお酒のテーマパークがありますが、
そこに、この「綾の湧水群」から
湧き出た水が出ており、
無料で持ち帰りもできます。


そこの横には、雲海酒造の綾蔵がありますが、
このおいしい水を仕込み水として使っているそうです。

いつも、ここの焼酎(日向木挽)を飲んでいますが、
だから、おいしいのですね。

また、健康にも水は大変いいそうで、
美味しい水をたっぷり飲んで健康でいたいですね。

人間のからだは、
多くの割合が水でできているとのこと、
体の水を美味しい水で入れ替えれば、
当然健康な体になっていくはずですね。

posted by スーパーシニア左中 at 19:08 | Comment(0) | 焼酎と水

軟水と硬水について

水には、硬度の違いによって、
軟水と硬水に分けられます。
日本では、ほとんどが軟水といわれており、
全国各地の名水は硬度やミネラル分が低い軟水が
多くなっています。

子供のころ「ホッ、ホッ、ホタルこい。こっちの水は甘いぞ」
という歌がありますが、この軟水も、甘く、
さわやかな感じの水です。

いつも呑んでいる、雲海酒造の日向木挽(いも焼酎)も
綾の湧水群の水、軟水の名水ですが、
それを仕込み水につかっているので、
あの味がでているのでしょう。

時々、綾の酒泉の杜の水をもらってきて、
水割りにして焼酎を呑んでいます。
やはり、甘く美味しいです。

かたや、硬水ですが、ダイエットに効果がある
という話を聞いたことがあります。
うそか真かはわかりません。

硬水は、カルシュームやマグネシュームを多く含んだ水で、
きりっと引き締まった
味がたのしめます。最近呑まなくなりましたが、
ウィスキーなどは、硬水の方が
美味しいと聞いた事があります。

このように、水にも、色々の味わいが
それぞれ楽しめそうです。
それが、本当にダイエットに結びつくといいのですが。
posted by スーパーシニア左中 at 19:06 | Comment(0) | 焼酎と水

いい香りは血管の細胞を元気にする

焼酎の栓を開けると、とても良い香りがします。
特に、私が、焼酎好きだから、なおさらだと思いますが。

また、コーヒーや朝のパンを焼いたにおいなど
とても良い香りがします。

この良い香りも、脳にリラックスさせる効果があり、
血液の細胞を元気にしてくれます。
免疫力も高めてくれるそうです。

バラの香りも良いですが、その香りに含まれる
グラニオールという成分が、
芋焼酎にも含まれています。

ということは、芋焼酎を呑まなくても、
栓を開けて、香りを嗅ぐだけで、
血液の細胞を元気にしてくれるわけです。

だから、コーヒーを飲んだり、
焼酎を呑んだりするときは、いい香りを
楽しんで、ゆっくりリラックスして
呑むと、より効果があがると思います。

しかし、焼酎は、いい香りを楽しむだけでは
我慢がなりませんよね。
呑んでこそ、楽しめるというものですね。
posted by スーパーシニア左中 at 19:00 | Comment(0) | 焼酎と水

酒とうまく付き合うコツ

メタボリックシンドロームを
すぐに解消・予防するなら
お酒はやめた方がいいと思われると思います。

しかし、ビジネスに関わると、付き合いもあり
そう簡単にやめられないですね。

だから、お酒とは、「いかにうまく付き合うか」が
大切だと思います。

私の好きな焼酎も、適量なら血液サラサラ効果が
あり、体のためにも良い働きをします。

一番、気を付けたいのは、お酒を飲むとついつい
気持ちが大きくなり、ピッチが上がることです。

特に私は、タバコを吸わないので、
つい料理に手が行きます。
すると、食べすぎ、カロリーオーバーになって
しまいます。残念!!

やはり、これからは、或る程度の強い意志も
必要としてくるでしょう。
はじめにビールは1から2杯まで、
その後の焼酎も、○杯まで、
とあらかじめ決めて於くことも必要と思います。

しかし、気分が乗ってくると、忘れてしまいがちですが。
やはり、なかなか難しいですね。

そこで、ちょっとしたテクニックを言います。

それは、まず、早く出る料理を注文し、ひとまず口にする
ことです。料理がでないと、
ついつい大目に呑んでしまいます。

次に、枝豆やサラダをおり交ぜて食べることです。
野菜でもけっこう満腹感がでてきます。
これで、肉類などのカロリーの多い料理の
食べすぎを防ぎます。

やはり、一番危険なのは、惰性で呑んでしまうこと。
話題が盛り上がると、おしまいごろには、
意思と関係なく呑んでいることです。

その時は、そっと、横に水を用意し呑むのも方法です。
家で飲むときは、妻に水割りを作らすといいです。
様子をみて、どんどん薄めの水割りにして
調整してくれます。

このように、くれぐれも呑み過ぎ、酒席での食べすぎ
にはお気をつけください。
私も、しっかり注意します。
posted by スーパーシニア左中 at 17:00 | Comment(0) | 焼酎と水

健康的で美味しい「そば焼酎」

そば屋に行くと、私は、そば焼酎の「そば湯割り」を
楽しむことがある。

特にそば湯の味と同調して、そば焼酎の香りと
味が引き立つような気がする。

そば焼酎といえば、川中美幸の「そば焼酎、雲海〜♪」
の歌を思い出しますが、

この「雲海」が好きです。香りがよく、
品の良い甘みとまろやかな感じで、

とても飲みやすい焼酎です。

ところで、「そば」と言えば、
健康食の代表のような感じですが、

特に、メタボリックシンドロームの発生率が
上がる50歳代からの世代にとっては

「そば」に含まれるポリフェノールが
救世主と言われています。

生活習慣病の予防には、
ポリフェノールが含まれる食品の

積極的な摂取が有効なので、「そば」は絶好の食材と
言えるでしょう。

また、ポリフェノールは抗酸化物質で、
活性酸素を消去する働きもあり、

酵素の減少を抑えます。この活性酸素は、
増えすぎると細胞を攻撃して、

動脈硬化や心筋梗塞、がんを誘発してしまうので、
そばが健康食品であると言うのは納得がいきます。

ところで、このそばのポリフェノールの中の
「ルチン」はとても優れもので、

先ほどの活性酸素の除去の作用の他にも
血管強化や血圧降下の働きもします。

しかし「ルチン」は水に溶けやすい
という欠点があります。

だから、「そば湯」には、この「ルチン」が
たっぷり溶け込んでいる栄養満点の飲み物で
「ほとけのミルク」と言う人もいるぐらいです。

そこで、この「そば焼酎『雲海』」をそ
ば湯割りにすれば、本格焼酎の血液サラサラ効果と
そば湯の効果がミックスして
絶好の健康的なお酒となります。

みなさん納得いただけましたか。

是非、そば焼酎でそば湯割りを楽しまれてはいかがですか。

posted by スーパーシニア左中 at 19:20 | Comment(0) | 焼酎と水
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。