[image]投資で失敗しない7つの法則:無料CDプレゼント

50歳の誕生日での新たな決意

 私は昨年の8月に50歳を迎えました。その折、織田信長が「人生五十年〜♪」と唄い能を舞っている姿が浮かび、一昔前だと人生を終える年に来たのかと何か寂しい思いでした。

 しかし、同時に、「現在は平均寿命も80歳を越えているのだ。80歳までには、まだ、30年もあるぞ。20歳から50歳までの30年間は、大学を卒業し、就職し、そして結婚、子供の成長、父との死別と思い出せば、数多くの出来事が起こり、出会い、別れ、喜び、悲しみと多くのことを経験し、あらゆることを学んできました。短いようで、また、長い30年でした。

 その30年が80歳まで生きれるとすれば、もう一回あるのです。それなら、「まだまだ、色々なことができる時間も十分あるのでは」と思ったのです。そして、「よし、この50歳を人生の節目とし、これからの30年をより大きな目標を掲げて挑戦していけるのではと思ったのです。

 そこで考えたのが、社会に貢献できる「スーパーシニア」になろうという目標です。これなら、自分にも納得でき、また、この目標の達成を目指して再スタートを切れる、いや、必ずできるぞと不思議な力が心の底から湧いてきたのです。何か、この思いに心が展開していくうちに、天の声が聞こえ、この決意を応援してくれているような不思議な気持ちでした。
posted by スーパーシニア左中 at 12:06 | Comment(0) | スーパーシニアライフ

息子との200メートル競争

ダイエットすることで、
思わぬことが起こります。
久しぶりに広島の家に帰った時のことです。

すっかり、体形がかかわったのに、驚くとともに、
私がウォーキングをしているのを、
家族も応援してくれました。


夜、家族一緒に歩こうと、
愛犬の「もも」を引き連れて、
家の近くを散歩しました。

その時、息子が
「いつもここで、皆と競争しているんだよ」
と言うのです。

並木道の直線で、
切れ目との往復が200メートルくらいあるところです。

その時、
続いて「父さん競争しょう」というのです。

私は、それまで、通風を持っているので、
急な過激な運動は控えるようにしていましたので、
どうしょうと悩みました。

しかし、なんとなく体が随分軽くなっていたので、
ちょっとくらいできるのではとの
気持ちが湧いてきました。

そこで、思い切って走ってみたのです。

さすがに息子のスピードにはついていけませんでしたが、
結構、早く走ることが出来たのです。

こんな、全力疾走は何年ぶりだったでしょうか。
息もそんなに切れませんでした。


これには、自信がつきました。
本当に、思い切ってダイエットし、
体を軽くし良かったなと思いました。


これで、愛称のスーパーシニアの名前に向かう基礎が
出来たぞと思ったのです。
posted by スーパーシニア左中 at 10:14 | Comment(0) | スーパーシニアライフ

試練をチカラに!!

昨年の11月12日に、
多くのシニア世代に勇気とチカラをもらった
ニースを見ました。


それは、プロゴルファーの中島常幸が、
4年ぶりにゴルフのレギュラーツアーで
優勝を飾ったというニュースでした。

いまや、われわれ中高年の星として、
メディアに取材が殺到しているとの事です。


この優勝の背景には、ここ数年、
「優勝したい」という強い気持ちで望み、
自らのモチベーションを上げていったことも
ありますが、試合数を絞ることにより、

心の底から「ゴルフをしたい」との気持ちが
湧いてきたことにあるそうです。

人間、腹が空けば、食事をしたくなるのと同じように、
好きなゴルフで試合をしたいと言う、
真の願望を結び付けたのでしょう。

中島常幸プロは全盛時代、
青木、尾崎と並ぶビック3として大活躍していた選手ですが、
いくつかの大きなスランプを越えてここまで来ています。

最近では、シニアツアーでは目にしますが、
レギュラーツアーではあまり、
目立つ存在ではなかったと思います。

そこで、メーカーの長期専属契約も解消されたりと、
随分つらい思いをしてきているようです。

そこで、立派なのは、
本人が「魔法の薬」と言っていますが、
常にプラス思考で物事を捉えるようにすることだそうです。

長期契約がなくなれば、契約に縛られないので、
自由にいい道具を使えるを気持ちを転換したそうです。

それで、「数々の試練を宝物にできた」と言っています。
われわれも参考にしたい言葉ですね。


もう一つ、この大変な時期、
やはり家族の支えは有り難かったようです。
常にどんなときも同じように接してくれたそうです。

その家族の気持ちに、
感謝の念が芽生えたことも大きいそうです。


そして、多くの方が、
「〜しなければいけない。このままではいけない。
何とかしなければならない。」と思っていませんか、

そのように、現在の自分を否定するのではなく、
「今ある自分も自分なのだから、
ありのままの自分をみとめよう。」と
することが大切になってきます。

中島プロも、この「自己受容」の気持ちが出来るようになって、
大きく変化してきたのことです。


もう一度、ありのままの自分を認める努力をしてみませんか。
posted by スーパーシニア左中 at 13:55 | Comment(1) | スーパーシニアライフ

男の更年期

このところ体がだるい。
何か、やる気が起こらない。
顔がポッポッと火照る。

このような症状はありませんか。
病院に行っても、「何も悪くありません。」
と言われ、どうしたんだろうと思います。

実は、男性にも更年期というものが
あるようです。

女性では、女性ホルモンが急激に低下する
ことにより、更年期障害が現れます。

男性には、女性のように急激に起こることは
ないようですが、50歳前後になると、
体の様々な機能が衰えてきて、
仕事や家庭でのストレスが重なり起こると
言われています。

中年以降でのうつ症状なども、
この更年期障害の可能性もあります。

精神安定剤の処方を受けたり、
ゆっくり休むことで、
回復に向かうそうです。

人間50年も生きてくると、
いろいろなことが起こりますね。

私は、ウィーキングなどで、
リフレッシュしていますよ!!
タグ:更年期
posted by スーパーシニア左中 at 14:54 | Comment(0) | スーパーシニアライフ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。