[image]投資で失敗しない7つの法則:無料CDプレゼント

やはりウォーキンングがベスト

トレーニング理論の第一人者の田中誠一氏が

「ミドルエイジの健康維持に一番良いのはウォーキング。
歩くことで、抗重量筋の維持に努めて欲しい。」

と言われています。

中高年になると、手足のしびれ、夜中の頻尿、腰痛など
の原因は、正しい姿勢が保てなることから起こることが
多いそうです。

要は「抗重量筋」が衰えることで、引き起こされるとの
事です。

この「抗重量筋」とは、初めて聴きましたが、
最近、整体を受けている時、よくこの姿勢のことは
聞いていました。

「なるほど、このことだったのか」
と納得したしだいです。

ジョギングでは、足腰が受ける地面からの衝撃が
大きく、中高年には厳しくなります。

しかも、メタボリックシンドロームの敵、
中性脂肪を燃やすには不適です。

また、舗装道路も膝などへの衝撃が大きいため、
一番いいのは、野山ベストなのですが、
なかなか、近くにはありませんね。

公園や、ウォーキングコースがあればいいのですが。
幸い、私のところででは、その条件に合うところが
多くあります。

ウォーキングでも一工夫が必要のようです。
posted by スーパーシニア左中 at 22:48 | Comment(0) | ウォーキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。