[image]投資で失敗しない7つの法則:無料CDプレゼント

古典ピアノの音色との出会い

先日、私の友人から一枚CDを渡されました。
リチャード・クレイダーマンの
ピアノのCDかと思ってよく見ると、
「アンティーク・ピアノの贈り物」
と書いてあります。

モーツアルトやベートーベンの
時代に使われていた
古典ピアノで演奏されたCDだったのです。

映画などでたまに聴くことはありますが、
Cdとして聴くのは初めてだったので
ちょっとワクワクしながら聴きました。

とても、乾いたような音色で
チェンバロと現代のピアノを合わせたような
とても美しい音色でした。

特に高音の響きは、とても好きです。
曲も日本の曲で、

「大きな古時計」「PRIDE」「恋におちて」
「夜空ノムコウ」「桜坂」「少年時代」等

私の知っている曲ばかりで
とても楽しんで聴くことができました。

ちょっと、趣を変えて聴きき、
安らぎを求めるにはいいCDでした。
休日の午後のひと時にいかがでしょうか。
posted by スーパーシニア左中 at 13:36 | Comment(0) | 癒しの音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。