[image]投資で失敗しない7つの法則:無料CDプレゼント

サラ・ブライトマンのソプラノの魅力

最近、店頭でもサラ・ブライトマンのCDが並んでいるのを
良く見かけますが、私が、初めて知ったのは、
Cmです。

スバル・ランカスターのCMだったでしょうか。

「Time To Say Goodbye」

が流れていたと思います。

サラ・ブライトマンはこの曲で、ヨーロッパだけでも
1200万枚ものCDが売れたそうですが、
一躍世界的なソプラノ歌手として大ヒットさせています。

私は、この「Time To Say Goodbye」からの出会いですが、
「オペラ座の怪人」でアンドリュー・ロイド・ウェバーの作品で
良くご存知の方が多いと思います。

私は、「アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス(2001年)」
のCDを聴いています。

この アヴェ・マリアは、私が聴いた中では、一番好きなアヴェ・マリア
です。ものすごく美しいソプラノの声に魅了されます。
サラ・ブライトマンは色々な声を持っていますが、
こんな、美しい声で歌いきれるのかと感激でした。

このCDも私の心を癒してくれる大切な一枚です。

posted by スーパーシニア左中 at 12:00 | Comment(0) | 癒しの音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。