[image]投資で失敗しない7つの法則:無料CDプレゼント

軟水と硬水について

水には、硬度の違いによって、
軟水と硬水に分けられます。
日本では、ほとんどが軟水といわれており、
全国各地の名水は硬度やミネラル分が低い軟水が
多くなっています。

子供のころ「ホッ、ホッ、ホタルこい。こっちの水は甘いぞ」
という歌がありますが、この軟水も、甘く、
さわやかな感じの水です。

いつも呑んでいる、雲海酒造の日向木挽(いも焼酎)も
綾の湧水群の水、軟水の名水ですが、
それを仕込み水につかっているので、
あの味がでているのでしょう。

時々、綾の酒泉の杜の水をもらってきて、
水割りにして焼酎を呑んでいます。
やはり、甘く美味しいです。

かたや、硬水ですが、ダイエットに効果がある
という話を聞いたことがあります。
うそか真かはわかりません。

硬水は、カルシュームやマグネシュームを多く含んだ水で、
きりっと引き締まった
味がたのしめます。最近呑まなくなりましたが、
ウィスキーなどは、硬水の方が
美味しいと聞いた事があります。

このように、水にも、色々の味わいが
それぞれ楽しめそうです。
それが、本当にダイエットに結びつくといいのですが。
posted by スーパーシニア左中 at 19:06 | Comment(0) | 焼酎と水
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。