[image]投資で失敗しない7つの法則:無料CDプレゼント

脂肪肝・肝炎に朗報 ブルーベリーの葉

この前、WEBニュースを見ていると、
ブルーベリーの葉に、
脂肪肝やC型肝炎ウィルスなどに対する
抑制効果があることがわかったそうです。

我が宮崎の産官学連携の研究チームが
発見したそうです。


そのチームは、
宮崎、鹿児島両大学の研究者や
焼酎メーカーの雲海酒造などの企業が
参加しているそうです。


東国原知事で宮崎が有名になりましたが、
良いことが続きますね。
鳥インフルエンザを忘れそうです。


なんでも、脂肪肝のラットに葉を食べさせたら、
肝臓中の中性脂肪やコレストロールが低下して
肝臓がんの発症を、抑える効果があったそうです。

お茶などの製品化にむけた加工技術も、
開発されたそうで、
商品化も早いかもしれませんね。


メタボリックシンドローム予備軍としては、
朗報ですし、早く商品化されて欲しいですね。

その前に、メタボリックシンドロームにならないことが
大切なのですが。
posted by スーパーシニア左中 at 19:26 | Comment(0) | メタボリックシンドローム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。